バンパーの軽い擦り傷の修理方法

バンパーの軽い擦り傷なら自分で修理できる

低い縁石やコンクリートブロックなどでバンパーにできた擦り傷、へこんでいるわけでもなく、わざわざ修理に出すまでもないけれど目立たないようにしたい方もいるのではないでしょうか。
ここでは簡単な修理方法を説明したいと思います。

まずは傷の状態をチェック

一口にバンパーの擦り傷と言っても、傷の具合から修理が簡単なものでよいか、大掛かりなものが必要かを判断する必要があります。また、傷が深いものでも、とりあえず隠せればよい、遠くから目立たなければよい、近くで見てもわからないようにしたい場合など、必要に応じて修理方法も変わってきます。もちろん、後者になるほど目立たなくなる代わりに手間と必要になる道具が多くなります。
ごく浅い擦り傷は、下地の塗装が見えない程度で、爪に引っかからないくらいの浅い傷になります。深い傷の場合は、塗装がはがれ、ささくれができてしまうような傷となります。
ここでは前者のごく浅い擦り傷の修理と、深くえぐれた傷をとりあえず隠せる程度の修理について簡単に説明していきます。

ごく浅い擦り傷の場合

修理に必要コンパウンドなどは、ホームセンターなどで入手できるのであらかじめ準備してください。
まずはバンパーにできた擦り傷をなめらかな状態にする必要があります。表面の汚れを取り除くために水洗いをしましょう。次に、コンパウンドの細目を専用のスポンジに付けて磨きます。傷が滑らかになったら極細、超微粒子または液体など、含まれる粒子が細かくなる順番で磨いていきます。
この時コンパウンドはごく薄く塗布し、直線方向に磨いてください。たくさん塗布しても効果が薄れてしまうだけです。
仕上げにワックスをかけると綺麗な仕上がりになります。
カラーによっては艶が消えてしまうこともありますので、その場合は油分をしっかりと落とし、クリアー(透明)のスプレーで薄く塗り重ねるように塗装しましょう。

深くささくれができるような傷の場合

このようなバンパーの擦り傷を修理する場合の道具もホームセンターなどで揃えることができます。こちらの場合は、シリコンオフのスプレー及びタッチアップペンが必要になります。ペンのカラーは車のバンパーに最も近い色を選びましょう。
修理方法は、はじめに水洗いをし、カッターなどでささくれを削り取ります。次にシリコンオフのスプレーをして綺麗なタオルでふき取ります。この作業をしないと、せっかく塗装しても剥がれる原因となってしまします。最後にタッチアップペンの筆で点を打つようにして傷の溝を塗料で埋めていきます。
この修理方法はあくまでも、とりあえず傷を隠す修理方法です。近くでみると傷跡が分かってしまうので、完全に傷を治したい場合は修理に出すか、別な方法をとりましょう。